格安ホームページ制作

格安ホームページ制作!値段よりそのプランをチェックする

日本でインターネット環境が整ったのは、Microsoft社がWindows95をリリースした頃です。インフラが整い、パソコン側でもアクセスの準備が整ったのです。

この当時、企業がホームページ制作を業者に依頼すると、700万円ほどの費用がかかっていました。しかし今日ホームページを見る目も肥えた私たちの目からすると、ただ単にホームページを作ってアップロードしました、というだけのレベルのものがほとんどでした。企業もホームページ制作について、とにかくそういうものを作りたい、という以上のものを想定していなかったので、ホームページを作ってどうするか、というビジョンがほとんどありませんでした。しかし製作業者の側では、一度に需要が増えてしまったので、それ以上の付加価値をつけたくとも手が回らないというのが現実だったのです。

今日のホームページ作成は、この当時と較べてだいぶ様変わりしています。まず分かりやすいところで相場を見ると当時の10分の1ほどの価格に収まるようになっています。まさに格安な訳ですが、企業は目的を持って作成依頼をしているので、内容にも細かな注文がつくようになってきています。ではホームページ制作における企業の意図とは何でしょうか。第一は広報です。世の中に発信したい情報を備え、社会的使命をPRする場とします。第二は利益を導くことです。つまりホームページを営業活動に利用して、販促を高める意図です。第一第二の問題は、企業の規模や知名度によって前後することがあります。特に名もない小さな企業であれば販促が第一義的な意味を持つことになるでしょう。

ではホームページ制作を依頼するにあたって、どういう選択肢があるでしょうか。小企業や個人商店であればまずは格安というふれこみに注目するはずです。しかしいくら安くても目的すなわち販促が機能しなくては何にもなりません。そこでまず安いことを前提に、業者へのリクエストを行い、それに対して提出された提案=プランを見てみます。

第一はSEOの充実です。一番売り込みたい商品について、キーワード検索した際に最低でも上位3位に入るようにしてもらわなくてはなりません。これはインターネット閲覧者が、こちらの想定しているキーワードで検索してくれて、上位表示されさえすれば成約のチャンスが生まれるのです。そのためにはSEOが充実しているプランかどうかを検討します。

第二はメンテナンスのしやすさです。商品の入れ替え時や季節に応じてウェブページのテイストを変えたくなるのは当然です。この時にそれが用意であるかどうかが肝心です。またこのような手入れを欠かさないことがSEO上でも有利になるのです。

ホームページ制作にはこのふたつの条件を満たしているかどうかは非常に大切です。これを満たさない格安というのは形容矛盾であり、たとえいかに美しくでき上がったページでも何の意味もありません。