ホームページ制作の代行

個人にホームページ制作の代行を依頼するには

業務用のホームページ制作を依頼したいのだが、どこに頼めばいいかわからない、とお悩みの方も多いかと思います。ホームページ制作は編集用ソフトの登場やCMSの普及で初心者でも容易に行えるようになってきました。

それでも業務用のホームページとなると、素人のデザインとプロのデザインではやはり明らかに違いが出てしまいます。そもそもそれ以前に、他の業務との掛け持ちでホームページ制作を行うことは、いくらツールが充実してきたといっても高いハードルです。

そこでホームページ制作を業者に代行してもらおうということになるのですが、代行業者も数が多くて悩んでしまいます。それに業者の提示する料金は決して安くはありません。中には格安とうたう業者もありますが、そのような業者はちょっとした修正でも追加料金を請求したり、サポートという名目で月々料金が発生したり、といったことになりがちです。

もちろんそれには理由があります。代行業者の場合、ホームページ制作にはデザイナーの他にプログラマや制作全体の工程を管理するディレクターがかかわります。

それにもちろん営業担当者も別に存在します。場合によってはデザイナーやプログラマが複数かかわることもあるでしょう。それらの人々の人件費が代金に上乗せされます。これは商売である以上仕方ありません。

しかし依頼する側としてはなんとか安くあげたいものです。そこでフリーランス、つまり個人のホームページ制作者に代行を依頼してみてはどうでしょうか。個人であれば一人分の人件費で済みますから、複数人がかかわる業者よりも格段に安く発注できる可能性があります。

しかしそうなるとまず心配なことは、本当に信頼しても大丈夫なのかということでしょう。
最近はネット上で、仕事を発注したい側と仕事を受注したいフリーランスとをマッチングするサービスが普及してきています。そういったサービスでは発注側からフリーランスを評価する仕組みが備えられていますから、実際に発注する前に信頼できる人物かどうかを確認することができます。

それにホームページ制作は実際に作成された成果物をネット上で確認することができます。発注前にあらかじめ相手の制作実績を確認し、相手のスキルを確かめておけばなお安心でしょう。そしてもう一つ依頼する時に気をつけたいことは、先方も初めての相手との取引には不安を感じているということです。

おそらくメールや電話でのやり取りが中心になるでしょうから、こまめに連絡を取って、お互いに安心して仕事をできるように努めることが大切です。もちろんこれは個人相手でも会社相手でも同じことでしょう。