アルゴリズムの分析

ホームページ制作とアルゴリズムの分析について

アルゴリズムは目的を達成させるための手続きや、問題を解くための手続きの事を意味しています。
これをホームページ制作におけるアルゴリズムと言う解釈をした場合は、ホームページ制作を行ったウェブページが検索結果の上位に表示されるよう、検索エンジンからの評価を高めるため、ページの専門性を高める手続きを行う事になります。

検索エンジンと言うのは幾つかの種類が有りますが、それぞれアルゴリズムが異なるため、それぞれの検索エンジンの特性を分析していくことが重要視されています。

検索エンジンの代表的なものは2つあります。
一つ目は、Googleにおけるロボット型検索エンジンで、もう一つはYahooにおけるディレクトリ型の2つの種類です。
ロボット型検索エンジンとディレクトリ型検索エンジンはそれぞれ異なるアルゴリズムになりますので、ホームページ制作を行う中でどちらを重視していくのかを考慮する事が必要になります。

ディレクトリ型検索エンジンの場合は、ホームページに掲載されている情報は、人間の手により収集されるのが特徴です。
ウェブサイトなどで取り扱われているトピック、テーマなどによりカテゴリー別に分類され収集されていきます。

ロボット型検索エンジンの場合は、スパイダーなどと呼ばれているプログラムを利用し、Webでもあるインターネットの中に存在している無数のウェブページの情報を巡回しながら自動的に収集し、索引を作成した上で、ユーザーに対しての検索サービスを与えているのが特徴です。

因みに、昔のホームページ制作は見栄えが良ければ何とかなると言う時代でもありました。
しかし、ホームページ制作を行う中で、人がそこに集まる事でウェブマーケティングとしての効果を期待出来る事からも、見栄えが良いホームページ制作だけではなく、人が集まるホームページ制作が求められています。

また、人が集まるホームページ制作を行うために必要なことが検索エンジン最適化でもあり、その目的を達成するためにもアルゴリズムの変動や分析などが必要になるのです。

尚、検索エンジ最適化を取り入れることで検索結果のページの中で上位表示する事が可能になりますが、上位表示させることが可能になるのはロボット型検索エンジンのケースであり、対象となるウェブページにスパイダーが訪れた際に、そのウェブページの評価が高くなることで、上位表示が可能になるのです。
但し、ディレクトリ型の場合もHTML文書を正しく記述するなど工夫を取り入れることでディレクトリ型検索エンジンからの評価が高くなりますので、その結果ロボット型検索エンジンからの評価も高くなり、上位表示が可能になるのです。