副業で!?

ホームページ制作を副業にしたい場合

IT系の仕事を、本業として、正社員として働く場合、仕事量と報酬が割に合わないと思う人も少なくありません。
特に、プログラマー、SEの場合、派遣や出向として外に出されて場合の1人工の代価は高いのに、サラリーマンとなると変わってきます。一先ず、安定した本職は、そのままで、収入を増やす為にも、副業をしたいけれど、本業で扱うプログラムやソフトなどは、ナマモノであり、ナマモノを扱っている為、拘束時間もまちまちなので、結局、副業で行う仕事も、在宅で出来る似た様な内容となります。

異業種の人が、趣味が高じて、副職にIT系を選ぶ人もなくはないですが、やはり、餅は餅屋で、なかなか異業種の人がIT系の仕事を片手間で出来る事ではなく、少なくとも、IT系に関して本業と副業が一致しやすい業種と言えます。
また、副業のメリットは、収入だけでなく、ビジネススキルアップにも繋がり、場合によっては、本業側で、推奨している企業も存在します。
副職に選び易いものは、ホームページ制作です。大きな取引になれば、人脈も必要ですが、例えば個人事業主などを相手にする場合は、必ずしも、人脈が必要とは限りません。

ホームページ制作会社に頼むと、費用が嵩みます。でも、ホームページ制作の知識はありません。誰もがホームページビルダーを使いこなしたり、ブログなどに費やす時間があるとは、活用出来るとは限りません。

ネットを介するものを売り込むなら、ネットを活用しない手はありません。ホームページ制作を売り込む為にも、ホームページ制作に見積りも盛り込めば、ラフ以上のサンプルになります。加えて、忘れてはいけないのが、確定申告などの後処理になります。本業以外で、一定の収入がある場合、確定申告の必要性が出てきます。

1年間で、20万を超える収入の場合、確定申告が必要となり、確定申告により、市民税に変動が出て、本業に副職の実態を知られてしまうので、副職が許されるものか、もしくは、住民税の徴収方法を本人が直接支払う、普通徴収に変える必要があるので、自分の置かれている状況を把握する必要があります。

ただ、20万未満の所得は、雑所得となる為、申告の必要はありません。所得は、収入から必要な経費を引いた額なので、20万を超えた額の報酬が、そのまま対象になるわけではなく、もし、30万円の収入になるホームページを作る為に、20万円のパソコンを買った場合は、10万円の所得となり、雑所得なので、確定申告の必要はありません。

税務署から追及された際に提示出来る領収書など、証拠が必要とはなりますが、雑所得は、意外と幅広いものなので、上手に活用したいものです。